1.プロジェクトを作成しよう

Backlogでタスク管理を始めるときは、管理したい業務ごとに、課題・メンバーの入れ物となる「プロジェクト」を作成しましょう。

プロジェクトの追加方法

以下のいずれかをクリックすると、プロジェクト作成画面が表示されます。

  • ダッシュボードのプロジェクト欄の+ボタン
  • グローバルバーの+ボタン>プロジェクトの追加

プロジェクト名とプロジェクトキーを入力して登録ボタンをクリックしてください。

プロジェクトキーは、プロジェクトにアクセスする際のURLの一部となります。短くわかりやすい略称をつけましょう。

どのようなプロジェクトを作ればいいか?

業務に合わせてプロジェクトを作りましょう。

プロジェクトの例

業務 プロジェクト名 プロジェクトキー
新商品の開発プロジェクト 新商品開発 NEWPRODUCT2020 
新システム導入のタスク管理 新システム導入 NEWSYS
総務部のタスク管理 総務部 MARKETING
お客様からの問合せ対応 問合せ対応 SUPPORT

業務・仕事は、2つに大別できます。新商品開発や新システム導入のように期限を決めて行う業務と、マーケティング部の業務や問合せ対応のように、期限がなく随時発生する業務です。 

業務の種類によって、仕事の進め方や、Backlogで使う機能が変わります。

種類

目標達成のために計画を立てて行う業務

随時発生するタスクに対応する業務

業務の例

新商品開発プロジェクト
新システム導入のタスク管理

総務部のタスク管理 

自社サービスの保守運用案件

進め方

事前にゴールを決め、タスクをリストアップしながら、スケジュールを組む。
マイルストーンによるフェーズごとの管理が適している。

業務にそって随時発生するタスクを完了させる。
課題の期限日で「その日までに終わらせる」ことが重要。

参加者

プロジェクトの関係者全般(情報共有が必要なメンバー)

業務を担当するチーム

タスク登録の主体

プロジェクトマネージャー

チームメンバー各自

そのプロジェクトに参加していないメンバーは、プロジェクトの存在や、中の情報を知ることができません。管理者は、参加メンバーをコントロールして、情報漏えいを防ぎ安全に仕事を進めましょう。

それでは、プロジェクトにメンバーを参加させましょう。