種別・カテゴリー・マイルストーンを使い分けよう

最初に・・・
以下のような方は、無理に種別・カテゴリー・マイルストーンは使わなくて大丈夫です。

  • プロジェクト管理初心者の方
  • 随時発生するタスクの対応に、Backlogを使う方
  • プロジェクト開始前に、課題を整理・分類するのが難しい場合

とくに初心者の方は、まずは課題の件名・詳細・担当者・期限日の設定をしっかり行いましょう(くわしくはこちら)。Backlogの運用が軌道に乗ってから、カテゴリなど設定して課題を整理しましょう。

種別・カテゴリー・マイルストーンの使い分け

種別・カテゴリー・マイルストーンは、Backlogの課題の分類方法です。適切に設定することで、タスクの整理や、様々な切り口での情報確認がスムーズになります。いずれも、プロジェクト設定で追加・編集できます。


種別

種別は、業務の性質に関わる分類として使いましょう。

種別の例

  • タスク
  • 要望
  • お問合せ

種別ごとに、課題のテンプレートを設定できます。課題の件名の記入例や、課題の詳細に記入してほしい内容のガイドを、予め設定できます。設定例はこちらの記事をご覧ください。

カテゴリ

カテゴリーは、課題の内容で分類するときに使いましょう。

  • デザイン
  • 開発
  • 広報

マイルストーン

課題を時期によって分類したいときには、マイルストーンが便利です。

  • 新商品開発 企画フェーズ
  • 新商品開発 試作フェーズ
  • 新商品開発 量産フェーズ
  • ウェブサイト改善プロジェクト フェーズ1

詳しくは、以下の記事をお読みください!
マイルストーンで、プロジェクトの節目を明確にしよう

 

種別・カテゴリー・マイルストーンを設定するには?

プロジェクト設定画面でそれぞれ設定できます。

種別の追加

カテゴリの追加

マイルストーンの追加

種別・カテゴリ・マイルストーンの分類で足りない時は?

カスタム属性を使うことで、課題の入力項目を増やすことができます(プレミアムプランのみ)。カスタム属性についての詳細はカスタム属性の概要をご覧ください。