Backlog のポートを変更したい

Backlogのポートを変更したい場合は、以下の設定をお願いします。

1. Backlog を停止します

service backlog-api stop
service backlog-git stop
service backlog-www stop
service backlog-app stop

2. /opt/backlog/scripts/env ファイルを修正します

8969から変更したい場合は、8969で記載された全ての箇所を変更したいポート番号に変更してください。

BACKLOG_API_LOCATION="http://127.0.0.1:8969/backlog"
BACKLOG_WEBDAV_PORT="8969"
BACKLOG_DOMAIN="localhost:8969"
BACKLOG_GIT_API_PORT="8969"
BACKLOG_INTERNAL_DOMAIN="localhost:8969"
BACKLOG_API_GIT_HTTPURLPATTERN="http://localhost:8969/backlog/git/%s/%s.git"

3. Backlog を起動します

service backlog-app start
service backlog-www start
service backlog-git start
service backlog-api start

4. スペースURLを修正します

セットアップ終了後、Backlogを起動し、スペース設定 > スペースから「スペースURL」を変更します。

※この設定はメールの文面に埋め込まれるURL等に使用されます。