Subversionの概要

Subversion(サブバージョン)はプログラムのソースコードなどを管理するバージョン管理システムのひとつです。

プロジェクトごとに次のいずれかに設定できます。

Subversionを使用しない

このプロジェクトではSubversionを使用しない場合に設定します。画面上部の「Subversion」タブも表示されなくなります。

Backlogのサーバー上にリポジトリを作成し使用する

リポジトリのURLは「https://[スペースID].backlog.[jp/com]/svn/[プロジェクトキー]」となります。(※[ ]内の値は、スペースへアクセスする際の情報を確認し、適宜変更してください。)

https://demo.backlog.jp/svn/DORA/

このSubversionリポジトリにはBacklogアカウントまたはヌーラボアカウントの情報で接続できます。
(※ご利用のプランとログイン方法により異なります。詳細は こちら

また、「個人設定 > プロジェクトごとのメール設定」で「コミットメールを受信する」設定にするとコミットの概要がメールで受信できます。

外部リポジトリを使用する

社内にすでにSubversionリポジトリがあり、外部からhttpまたはhttpsでアクセス可能なリポジトリを設定できます。
外部リポジトリのリビジョン情報やコミットログを閲覧できます。

なお、外部リポジトリを使用する場合はネットワーク越しにリビジョン情報やファイルを取得するため、画面の表示に時間がかかります。

外部リポジトリと連携できるのはスタンダードプラン以上のプランです。
Backlogサーバー上のリポジトリへのアクセス、「Subversion」画面へのアクセスともに管理者と一般ユーザーのみ可能です。
それ以外のレポーターやゲストユーザーはアクセスできません。