Windows で共有フォルダ(WebDAV)が利用できません

基本的な接続方法

Windows では「ネットワークドライブの割り当て」から「別の資格情報を使用して接続」にチェックを入れて接続してください。詳細は以下のページをご覧ください。

WindowsのエクスプローラーやMacのFinderからのファイルを追加する

再接続でも問題が解消しない場合

Windows の WebClient サービスのスタートアップの種類を自動にし、再起動することで改善する場合がございます。具体的な操作手順については以下となります。

  1. コントロールパネル > 管理ツール > サービスを起動
  2. WebClientサービス を自動に設定
  3. サービスの再起動
  4. ネットワークドライブを設定

TLS 1.0/1.1 をご利用いただいている場合

2018年6月8日にセキュリティ強化のため「TLS 1.0/1.1」による通信を停止する変更を行いました。
セキュリティ強化のため「TLS 1.0/1.1」による通信を停止します。

WebDAV クライアントの通信が「TLS 1.0/1.1」を使用している場合、アクセスすることができなくなります。ご利用には「TLS 1.2」の通信が必要となります。WebDAV クライアントが「TLS 1.2」の通信を使用しているかご確認ください。

なお、WIndows7 については、Microsoft社 の提供するパッチを適用すれば、「TLS 1.2」の通信ができるようになるとのことですので、WIndows7 のクライアントの場合は、パッチの適用をご検討ください。
WinHTTP が Windows での既定のセキュリティで保護されたプロトコルとして TLS 1.1 および TLS 1.2 を有効にする更新プログラム

環境により共有フォルダへのアクセスできる場合とできない場合がございますので、その場合は下記のようなフリーソフトでのご利用をご検討ください。
CarotDAV