状態の概要

Backlogでは、課題の進捗を「状態」で表します。

標準の4つの状態(未対応、処理中、処理済み、完了)に加えて、プロジェクトごとに、独自の状態を追加できます。状態を追加することで、プロジェクトや業務に適切なワークフローを設定できるようになります。


“状態の概要

標準の4つの状態

プロジェクト新規作成直後は、以下の4つの状態が利用できます。

状態 内容
“状態(未対応)未対応 まだその課題に着手していない
“状態(処理中)処理中 担当者が決まり、その課題の作業中
“状態(処理済み)処理済み 作業が終わり、確認担当者による確認待ち
“状態(完了)完了 確認が済み、完全に課題の作業が終わった

状態の一覧

状態を追加および編集するためには、以下の手順で設定画面へ移動してください。

  1. プロジェクト中の左側のメニューで「プロジェクト設定」を選択
  2. 「状態」を選択します。
    種別の概要 | プロジェクト管理ツールBacklog
  • 状態の追加および編集は「管理者」と「プロジェクト管理者」のみ設定できます。
  • 状態の追加および編集は有料プランで利用できます。

状態の追加

「状態の一覧」から「状態を追加」をクリックすると、状態を追加するための画面へ遷移します。
以下の手順で新しい状態を追加できます。

  1. 「状態名」を入力します。
  2. 「状態の背景色」を選択します。
  3. 「保存」をクリックします。
    “状態の追加

1プロジェクトにつき8個まで状態を追加できます。
標準の4つの状態と合わせると、合計12個の状態を設定できます。

標準の4つ状態は編集できません。

状態の並び替え

状態の順序を並び替えるためには「状態の一覧」で、状態名の左のアイコン( “状態の並び替え(アイコン) )をドラッグ&ドロップします。

“状態の並び替え

標準の4つの状態は、並び替えることができません。
また、「未対応の前」「完了の後」に状態を追加することはできません。

状態の削除

追加した状態を削除するには、「状態の一覧」から「状態名」の右側にある「 」ボタンをクリックします。

“状態の削除

使用中の「状態」を削除する場合

以下のダイアログが表示されます。何れかの状態に付け替えてから、削除してください。

  1. 付け替える状態を選択します。
  2. 「削除」をクリックします。
    “状態の削除(ダイアログ)

標準の4つの状態は削除できません。