誰にどのユーザー権限を付与すればいいか?

Backlogの権限は「管理者」「一般ユーザー」「ゲスト」の3つです。(詳しくはユーザーの権限をご覧ください。)

誰にどの権限を付与すればいいかわからないという方向けに、権限付与のユースケースをご紹介します。以下を参考に、付与する権限を検討してください。

ユースケース1

前提

  • Backlogの利用目的は、マーケティング部の案件管理・タスク管理
  • 情報システム部が、ユーザー管理を担当
  • マーケティング部が、Backlogを利用
  • 社外のパートナーと協業している

権限付与の例

情報システム部門の方が管理者になります。
情報システム部門が、新しいプロジェクトやユーザーを追加します。

マーケティング部のメンバーは、一般ユーザーとしてBacklogを利用します。
課題の登録、カテゴリーの追加・編集など、基本的な操作を行うことができます。

社外のパートナーには、ゲストの権限を付与します。
一般ユーザーと同じく基本的な操作は行えますが、所属しているチームしか参照できません。

補足

一般ユーザーを、プロジェクト管理者として指定することができます。プロジェクト管理者はプロジェクトへのユーザーの追加・削除を行うことができます。

ユースケース2

前提

  • Backlogの利用目的は、複数のシステム開発案件のプロジェクト管理
  • システム開発部で、Backlogを利用する。ユーザー管理も行う
  • 何れのメンバーも、クラウドツールに慣れている

権限付与の例

システム開発部のメンバー全員が管理者となって、Backlogを運用します。

補足

管理者の権限は強力です。たとえば参加していないプロジェクトも削除可能です。注意して運用してください。