ユーザー同士が意見を出し合い交流するコミュニティ
※要望やお問い合わせの窓口ではありません

メンション機能、どうです?

コメント

3件のコメント

  • Avatar
    S.T.
    13
    コメントアクション Permalink

    こんにちは、メンション機能について一字一句同意見です。
    現在の運用にそぐわず非常にストレスを感じております。
    私も既存の通知機能があった上での、メンション機能であればよかったと思います。

    • メンションがID名なので見づらい
      →今までIDを使ってやりとりしていないため、誰が誰なのか分かりにくいです。(特に同性の方がいる場合に a-ito、t-itoなどが並ぶことになります)
      →複数の取引先とやりとりしており、「@メールアドレス@会社名」で登録していたため、@マークだらけになり見づらいです。
      →複数の関係者がいる場合、全員に通知する必要があり、冒頭の1〜2行がメンションで埋まるという現象が発生しています。

    • メンションと本文が混在する
      →通知機能があることで「○○様」などを書かなくて済んでいたのが、「@○○ 様(CC @○○様)」というようにメール的な宛先を入れる必要が出てきました。宛先と内容が本文欄で混在することで、本文の内容が見にくくなりました。タイムラインで流れたときにも内容がわかりにくいです。(起票時が特につらいです。)

    • チャットのようなコミュニケーションを避けたい
      →チャットツールのようなコミュニケーションがしやすくなるように実装されたと思いますが、チャットツールやオフラインでやりとりをして、エビデンスや正式な依頼として起票(同報メールで関係者にも共有)という使い方のため、チャット的なやりとりでコメントがうまることは避けたいです。

    • SNSに慣れていない方に説明しにくい
      →リテラシ的に奇跡的にBacklogを導入できているお客様が多いため、ここでメールでいうToとCCを選んでください、というのがなくなり、通知漏れが起こる懸念が高くなりました。

    通知をへらすことが目的であることは歓迎したいのですが、メンションを前提にした運用ができるプロジェクトは、私からすると少々限定的なシチュエーションではないかと思っております。

  • Avatar
    川邊泰志
    2
    コメントアクション Permalink

    初めまして。
    Backlogは複数の企業をわたって開発するにはなくてはならないサービスとなっています。

    さて、今回のメンション機能ですが、すでにヘルプの皆様にもお伝えしているのですが、対応ができないと言うことなので、再度検討をお願いしたく、この場にて“陳情”(笑)させていただきます。

    複数の企業をわたっての開発となる場合、どうしても開発者だけでなく、仕様や予算を確定する役員クラスの方々が参加される場合あります。
    これらの方々は、それほどITリテラシーが高くないので、今回のメンションだけの表示にはほとんどお手上げで、フローの効率がかなり悪くなってきています。

    特に、このような方々は、最終確定を送信する際、必ず送信先に誰がいるかを確認します。その際、これまでのUIであれば入力フォーム個人名が記載されていましたが、今のUIではいわゆるIDというか、アルファベットの羅列なので一目で確認することができず、クレームになっています。

    開発者であればある程度吸収できる機能ではあるのですが、大規模開発となると開発者だけでなく、管理者や監督担当、監査役的な者も参加することになります。この場で申し上げるのもおかしいのかもしれませんが、そのようシーンが想定できなかったのかということへの疑念にもつながり、今度のこのサービスの展開に不安を感じてなりません。

    そのような参加者もいるという前提で、可能限り以前のUIも(いわゆる併用)利用できるよう調整をいただけると助かります。正直、今でもこの点をことある毎に言われております。

    ご検討よろしくお願いいたします。

  • Avatar
    SEIS 中島 正樹
    0
    コメントアクション Permalink

    最近メンションがID名から登録名で表示されるようになりましたが、その代わり過去の書き込みをコピペした際にメンションが機能しなくなりました。その都度、メンションを再入力しないといけなくなったのは大きな手間です。

    複数宛先を複写で課題作成・コメントすることが多いので、コピペした際にもメンション機能が維持されると助かります。

サインインしてコメントを残してください。