検索をマスターして、課題を素早く探し出そう

必要な課題を素早く見つけて仕事をスムースに進めましょう。このページでは、課題を探し出すコツをお伝えします。

「シンプルな検索」で課題一覧を整理しよう

こんなときに便利!
- 状態やカテゴリーを指定して、課題一覧を見たいとき
- キーワード検索したいとき

最初に課題一覧にアクセスすると、「シンプルな検索」というモードで表示されます。カテゴリーやキーワードを指定して、課題を検索しましょう。

また、状態・親子課題の指定は、「完了以外」「子課題以外」とするのがオススメです。「完了以外」を指定すると、プロジェクトの残りタスクが表示されます。そして「子課題以外」を選ぶと親子課題が折り畳まれ、コンパクトで見やすくります。子課題を見たいときは、課題一覧左端の三角アイコンをクリックしましょう。

ポイント:自分の担当課題を確認したい時は、担当者欄の横にある顔アイコンを押しましょう。ワンクリックで絞り込むことができます。

ポイント:「検索条件」の部分をクリックすると項目の表示・非表示を切り替えられます。お気に入りの条件を指定したら、非表示にしてコンパクトに表示させましょう。

「高度な検索」で細かく条件指定して、課題を探そう

こんなときに便利!
- 締め切りが今週中だけど、まだ終わってない課題を一覧表示したいとき
- 自分が登録した課題で、優先度「高」のものを進捗チェックしたいとき

「高度な検索」を使えば、「シンプルな検索」より多くの項目で検索できます。複数の条件を指定して課題一覧を表示し、全体の進捗確認をしたり、特定タスクの状況を追跡しましょう。

ポイント:条件を複数選択することもできます。Windows であれば Control, macOS であれば Command を押しながら選択してください。

よく使う検索条件を保存しよう

こんなときに便利!
- 何度も同じ条件を設定するのが面倒なとき
- 以前に設定した検索条件を再利用したいとき

「フィルタ」機能を使って、検索条件を保存しましょう。検索条件の左上にある「検索条件を保存」ボタンをクリック。名前をつけて保存すると、最上部のグローバルバーの「フィルタ」に条件が保存されます。

ポイント:フィルタとして保存した検索条件は、ダッシュボードやどのプロジェクトを見ているときでも呼び出せます。複数のプロジェクトの行き来が楽になります。

他の人に検索条件を共有しよう

こんなときに便利!
- 会議で、他の人にも自分が見ている条件と同じ課題一覧を見てほしいとき
- チャットやメールで、一連の課題の進捗について報告したいとき

検索条件を他の人と共有したいときは、検索条件の左上にある「短いURL」をクリックしましょう。短縮URLが発行されるので、コピーしてURLを共有すれば、他の人も同じ条件で絞り込まれた課題一覧を見ることができます。

ポイント:URLの右にあるボタンをクリックすると、URLをコピーできます。

 

検索機能を使いこなして、確認したいタスクに素早く辿り着けるようになりましょう。