Subversionの設定

プロジェクホームにある「プロジェクトの設定」にアクセスし、「Subversionの設定」をクリックします。

利用する設定を選択し「登録」ボタンをクリックします。

画面イメージ

Subversionリポジトリブラウザ

最新の状態のリポジトリツリーの状態にアクセスできます。

リポジトリブラウザ | プロジェクト管理ツールBacklog

最新のコミット10件

10件分のコミット概要が表示されます。

どのユーザがどのような内容のコミットを行ったのかすばやくアクセスできます。

Subversionリポジトリブラウザ

リビジョンの日時・更新者・コミットを閲覧できます。

このリビジョンで更新されたパスの一覧も確認できます。

リビジョンの詳細 | プロジェクト管理ツールBacklog

Subversion の履歴

リポジトリ内のディレクトリ・ファイルの履歴を確認できます。

履歴 | プロジェクト管理ツールBacklog

Subversion の差分

ファイルのリビジョン間の差分を閲覧できます。

差分 | プロジェクト管理ツールBacklog

Subversion のファイルブラウザ

ソースコードやHTMLファイルなど、テキストファイルであればその内容を行番号と色付きで表示します。

内容をそのままブラウザで表示したり、ダウンロードもできます。

画像ファイルであれば、適切なサイズに縮小して表示され、ダウンロードすることもできます。

画面イメージ

Subversion のコミットログでの課題の操作

「Subversion の設定」の「コミットと課題を連携する」にチェックを入れると、コミットログの中に課題番号(例: BLG-1234)を含めてコミットすることで、その課題にコミットログをコメントとして登録することができます。

また、コミットログに特別なキーワードを入力すると、課題の状態を更新することもできます。

課題の状態を更新するキーワードは次のどれかを指定してください。

#fix #fixes #fixed いずれかで処理済み
#close #closes #closed いずれかで完了