Webhook

管理者・プロジェクト管理者がWebhookを利用できます。

Webhook 機能について説明します。

Webhook とは?

Webhookとは、「課題の追加」や「課題にコメント」などのイベントがプロジェクト中で発生した際に、その情報をリアルタイムに指定されたURL(サーバ)へHTTP POSTする機能です。外部システムとの連携などに利用できます。

Webhook の主要な機能をご紹介します。

Webhook の設定一覧を表示する

  1. プロジェクト設定画面に進みます
  2. プロジェクト設定 > インテグレーション > Webhook > 設定 の順に進みます
  3. Webhookの設定一覧画面が表示されます。

この画面でできる操作

この画面でできる操作は次の通りです。

Webhookの一覧 | プロジェクト管理ツールBacklog

Webhook を設定を追加する

  1. プロジェクト設定画面に進みます
  2. プロジェクト設定 > インテグレーション > Webhook > 設定 の順に進みます
  3. Webhookの設定一覧画面で「Webhook を追加する」のボタンをクリックします
  4. Webhookの追加画面設定項目を入力し完了します
  5. Webhookの設定一覧画面に新しい Webhook の設定が表示されます。

Webhook の設定項目

Webhook URL を設定する

Webhook を受信するサーバーの URL を設定してください。

この URL はインターネットからアクセスできる URL でなければなりません。

通知イベントを設定する

「課題の追加」など、Webhook のトリガーとなる Backlog の操作にチェックを入れてください。

Webhook の実行テストを行う

実行テストの項目では、送信するイベントの種別を選んで実行ボタンをクリックすることで実際にテストデータを送信する事ができます。

テスト送信の内容や結果は送信履歴の一覧で確認することができます。

Webhook の設定を編集する

  1. プロジェクト設定画面に進みます
  2. プロジェクト設定 > インテグレーション > Webhook > 設定 の順に進みます
  3. Webhookの設定一覧画面にあるWebhookの設定の「編集」のボタンをクリックします
  4. Webhookの編集画面設定項目を入力し完了します

Webhookの編集 | プロジェクト管理ツールBacklog

Webhook の設定を削除する

  1. プロジェクト設定画面に進みます
  2. プロジェクト設定 > インテグレーション > Webhook > 設定 の順に進みます
  3. Webhookの設定一覧画面にあるWebhookの設定の「編集」のボタンをクリックします
  4. Webhookの編集画面にある「削除」ボタンをクリックします
  5. Webhookの設定一覧画面から Webhook の設定が削除されます。

Webhookの削除 | プロジェクト管理ツールBacklog

Webhook の送信履歴を確認する

  1. プロジェクト設定画面に進みます
  2. プロジェクト設定 > インテグレーション > Webhook > 設定 の順に進みます
  3. 「送信履歴」のタブを開きます
  4. Webhookの送信履歴の画面が表示されます

Webhookの送信履歴 | プロジェクト管理ツールBacklog

お困りの場合は…

Webhook の JSON の形式を教えてください。

Webhookでは、指定されたURLにデータをJSON形式でPOSTします。JSONデータの属性は一部の共通部分を除き、イベントによって異なるためテスト実行等で確認して下さい。

type の値は何を設定すればいいですか?

type属性の値にはBacklog API「最近の更新の取得」で得られるデータと同じ内容を表します。

Webフックの指定先のURLは、Backlogのサーバからアクセスできるようにしておいてください。イントラネット内のサーバなど、BacklogからアクセスできないURLは指定することができません。同様の理由で、"192.168.x.x" などのプライベートネットワークを表すIPアドレスは指定することができません。
コミットのメッセージやメールアドレスなどの情報を送信します。これらの情報を保護したい場合には、HTTPS の URL をご指定ください。