Google スプレッドシートを使って、Backlogに課題を一括登録しよう

どんな時に便利?

Google スプレッドシートを使って、Backlogへ課題を一括登録することができます。以下のような場合に便利です。

  • プロジェクト立ち上げ時に、定型のタスクを登録するとき
  • 運用・保守など、定期的に同じタスクを行うとき

課題一括登録の手順

スプレッドシートの準備

  1. テンプレートとなるスプレッドシートをコピー
    下記リンクをクリックして、スプレッドシートをコピーしてください。
    スプレッドシートをコピー
    Googleにログインしていない場合、コピー時にエラーとなる場合があります。その際は、ログインして少し時間を置いてから再度お試しください。
  2. 読み込みのため15秒ほど待つ
  3. メニューの確認
    メニューバーの一番右に[Backlog]というメニューが追加されたのを確認してください。

Backlogからデータを取得

    1. Backlogからデータを取得
      Backlogに設定済みの定義(種別名、ユーザー名等)を取得します。
      [Backlog]メニューから[STEP1:Backlogからデータを取得する]をクリックします。


      もし承認画面が出た場合は、内容を確認し問題なければ[続行][許可]をクリックしてください。

    2. スペースIDなどの入力
      下記のような入力ダイアログが表示されますので、必要な情報を入力してください。
      • BacklogのスペースID
      • BacklogのAPIキー : 新しいAPIキーを発行するを参考にAPIキーを発行してください。
      • 登録対象となるBacklogのプロジェクトキー
    3. 実行ボタンをクリック
      定義一覧を取得します。正常に完了すると、右下に完了のポップアップが表示されます。
      エラーが出た場合はこちらのページをご参照ください。
    4. スプレッドシートの確認
      課題種別や、カテゴリーなど、必要な情報が選択できるようになっていることをご確認ください。

スプレッドシートに課題を記入

      1. 課題の入力
        一括登録したい課題を1行に1課題ずつ入力してください。
        • 「件名」「種別」は入力必須項目です。
        • 「種別」や「担当者」はプルダウンで指定してください。(未登録の項目を入力するとエラーになります)
        • 1行目のヘッダー行は、削除・変更しないでください。(登録処理に必要な情報が含まれています)
      2. (必要に応じて)親課題の指定
        親課題が既に存在する場合は「課題キー」を指定してください。また、「*」を入力することで、親課題を指定していない直近の課題を親課題として登録できます。
      3. (必要に応じて)カスタム属性の入力
        カスタム属性も入力しましょう。
        プロジェクトにカスタム属性が登録されている場合、水色のカラムとして追加されます。ただし、複数選択可能なカスタム属性・ラジオボタン形式のカスタム属性は追加されません。
        カスタム属性はプレミアムプラン以上からご利用できます。

一括登録処理を実行

  1. 課題一括登録を実行
    [Backlog]メニューから[STEP2:課題一括登録を実行]をクリックします。

    下記のような入力ダイアログが表示されますが、STEP1で既に入力済みなので実行ボタンをクリックして一括登録処理を実行します。
  2. スプレッドシートで結果確認
    登録処理実行時に、結果出力用のシートが新規作成され自動的にそのシートに遷移します。このシートで、一括登録された課題の(キー・件名)を一覧で確認することができます。
  3. Backlogで結果確認
    Backlogをの課題一覧を開くと、課題が登録されていることを確認できます。
  4. 完了
    お疲れさまでした!

一度作ったスプレッドシートを再利用する場合

Backlog側のプロジェクト設定を変更しなければ、STEP2の操作だけで課題は登録されます。 もしも課題種別やカテゴリーなど、変更がある場合はSTEP1の操作から実行してください。

カスタム属性の設定は自動的に反映されません。カスタム属性の名前やカスタム属性の形式が変更された場合は、カスタム属性の列をすべて削除し、再度STEP1の操作から実行してください。

制限事項

  • BacklogにIPアドレスによるアクセス制限を設定している場合、本機能はご利用いただけません。
  • 発生バージョン/マイルストーンは「プロジェクトホームに表示しない」にチェックが入っていると取得されません。
  • リスト形式の最大取得個数は500個です。

よくあるご質問

「Backlog」メニューが表示されない

ブラウザのリロード機能を使って、スプレッドシート自体を更新してください。

「シート上にデータが存在しません。」というエラーが発生する

Templateシートでヘッダー行以外に空の行が存在すると発生します。 何か文字を入力してください。

最新のバージョンに追随したい

最新版のシートを作成し、古いスプレッドシートからセルを最新版のスプレッドシートに貼り付けてください。