BacklogのTypetalk連携

管理者・プロジェクト管理者が、Typetalk連携を設定できます。

Backlogのクラシックプランをご契約中の方はTypetalkのトピック設定からご利用ください。

BacklogのTypetalk連携を使うと、Backlogの更新をTypetalk上でリアルタイムに受け取ることができます。

Typetalk連携を利用するには「プロジェクト設定」>「インテグレーション」>「Typetalk」とメニューから選択して進んでください。

Typetalk連携の一覧

「Typetalk連携の一覧」では登録済みの連携一覧を確認できます。
また、連携の追加や、編集、削除もこの画面から行えます。

Typetalk連携の追加

「Typetalk連携の一覧」から「Typetalkインテグレーションを追加する」をクリックするとトピックを選択する画面が表示されます。

  1. 通知するTypetalkのトピックを選択してください
  2. 「許可」をクリックしてください

  3. 連携が完了して、設定の編集画面へと遷移します。
  4. 通知するイベントを選択してください
  5. 「保存」をクリックしたら完了です

「言語」は通知時に使われるメッセージの言語設定です。

「説明」は説明用のメモにお使いください。連携の動作には影響しません。

設定が完了したら課題を作成したり、課題にコメントしたりしてTypetalkに通知されることをご確認ください。

Typetalk連携の編集

「Typetalk連携の一覧」から変更したい設定の「編集」をクリックしてください。

変更したい内容を入力し「保存」をクリックすると編集が完了します。

トピックは変更できません。変更したい場合は設定を削除して作り直してください。

Typetalk連携の削除

「Typetalk連携の一覧」から削除したい設定の「編集」をクリックしてください。

「削除」をクリックすると設定が削除されます。